FPは生命保険のベテラン

ファイナンシャルプランナーは、保険会社の営業担当と比べると、よりプロフェッショナルな知識や実質的なノウハウを備えているのが特長です。もちろん、保険会社にもベテランのスタッフはいますが、自社の保険商品を販売するのが仕事ですから、相談に対応できる範囲が偏ってきます。

ファイナンシャルプランナーの専門範囲は、保険商品全般。お金のことについて、ほぼ何でも取り扱っているといっても、過言ではありません。生命保険の見直しというと、わかりやすい課題ですが、もっと漠然としたお金の相談でも、ファイナンシャルプランナーは応じてくれます。例えば、効率の良い貯蓄方法について知りたい場合も、ファイナンシャルプランナーは、各人や各家庭に応じたアドバイスをくれるのです。老後に必要な保険は何か、教育費と住宅費を両立させる良い方法はあるか、などの相談もOKです。

こうした相談が、生命保険見直しへとつながっていきます。お金について何でも相談しているうちに、今の保険が最適か、保険料の節約方法は、といった具体的な解決案を導きます。保険商品と人生のお金についてを良いことに結び付けてくれるベテランとして、ファイナンシャルプランナーに相談したいところです。